2015年のAaltoとともに

2015年を振り返ると、様々な変化がありました。

1年の終わりを迎えようとする12月。
来年の事業計画を見直しつつ、2015年はとても良い1年だったと心から思っています。

思えば、本当にたくさんのことを、お客様、チーム、顧問の先生、パートナーの方々、士業の先生、共同経営者から学ばせていただいた1年でした。

2015年のスタートは、京都で起業家大賞(優秀賞)をいただいたことから始まり、緊張のスタート。

2期目を迎えた春は、事業計画と組織の見直し、ビジョンの再確認を徹底しました。経営者として自分に足りなかったことに向き合う日々でした。

夏頃までには、メンバーが徐々に増えてきて、オフィスを移転しました。
多様なチームで働くことの楽しさを感じ、新しい発見にあふれた毎日。

社内にノルウェー出身のクリエイティブディレクターを迎え、向かうべき方向に沿って、Aalto自身のブランドを再定義しました。

秋になると、来年以降の経営計画に、グローバルPR戦略を中・長期経営戦略に位置づけ始める企業が増え始め、企業経営者の方、事業部長の方々と握手をさせていただく機会が増え、同時に、海外出張をし、その計画の実現のために動きました。

改めて、COO2名、コンサルタントメンバーを増やし、顧問の先生を迎え、ヨーロッパでの今後の活動の拡大のために、ドイツ拠点を設立しました。

寒い季節になってからは、経営者と最終決断のお話を進めることが多くなり、翌年以降の長期計画がいよいよ年明けから始まろうとしています。

12月は、毎日メンバーの成長を肌で感じ、感激する日々。
メンバーが立派に成長していくことが、私自身の大きな楽しみにもなりました。
理系メンバーも増えて、一層良いチームができてきました。

企業と世界の架け橋になる。
とはいえ、自分の力なんて、結局ちっぽけで、ひとりでは何もできないもので。

目標を持って前を向いて、成長していくメンバーのおかげで今があり、
このチームなら各プロジェクトを通して『その先の世界』を見ることができる、と信じています。

振り返れば、私にとっては、本当にAaltoとともにあった1年で、同時に、これほど素晴らしい人々に恵まれた年はなかっただろうと思える年でした。

常に、Aaltoという変化を起こし続ける存在としての価値を持ち、
同時に、自ら向かうべき方向に向かって、変化に挑戦し続けるチームでありたいと思っています。

みなさんの期待に応えられるよう、Aaltoとともに来年も走りたいと思います。

Wishing you a peaceful Christmas and all the best for the New Year. Sincere thanks for the confidence you have placed in Aalto in 2015.

Mari
http://aaltoin.com/

 

 

Global communication

今のお仕事を通して、強い意志を持って取り組みたいことがあります。

それは、『日本企業において、グローバルでのコミュニケーション戦略を

リードできる人達をもっとふやしていきたい』ということ。

 

私が携わっている業務はというと、 グローバルでのパブリックリレーションのお仕事で、

具体的には、グローバルPRプラットフォームMynewsdeskの提供のほかに、

ヨーロッパ、アジア、アメリカなど、主に各国Webメディアやソーシャルメディアやブログなどで意見を展開している方々、

特定の業界や分野で影響力を持つ方々、各企業のステークホルダーの方々と、

Web会議などで意見交換や、電話やメールでの情報交換をしたり、案件についてのピッチングなどを行っています。

 

このようなグローバルPRの分野に関心を持ち始めたのは、もう何年に、日本と北欧の国際交流のプロジェクトに携わっていたとき、記者発表やイベントでの海外のジャーナリスト達との出会いがきっかけでしたが、

それから様々なきっかけを通して、少しずつこの分野について取り組んできました。

 

最近は、日本企業のビジネスの拡大に伴って、日本を含めて各国を想定したグローバルでのコミュニケーションの取り組み、

グローバルでの広報、パブリックリレーションズの必要性を感じる企業の方々より、お話をいただくことが多くなりました。

 

内容は、グローバルでのブランディング、キャンペーンから、コーポレートコミュニケーションの取り組み、事業部単位の案件の海外広報まで

多岐におよびますが、ご相談の多くは、企業としてグローバルでのコミュニケーション戦略に取り組む必要を感じているものの、

まず、知っている・できる人が居ない。

何から、どこの国から始めればいいか分からない。

各個別のジャーナリストとの関係構築まで手が回らない。

そもそも、現地支社の担当者と本社の連携がとれていない。

といった課題を感じていらっしゃるケースです。

 

そのような企業様のご相談に対して、私達が取り組んでいることは、

まず担当者の方への海外メディアに関する情報提供、お客様の企業内の理解と体制構築、海外支社担当者との連携、

企業としてグローバル広報のノウハウを蓄積していく仕組みづくりなど、グローバル広報に取り組むための体制構築のお手伝いからはじめるということです。

 

しっかりと社内でグローバル広報に取り組む体制を構築し、様々な業務で協働することを通して、自社にノウハウを蓄積してもらい、

いずれは、社内でグローバル広報に積極的に取り組んでいくことができるように、プロジェクトの設計をします。

 

冒頭に述べたように、日本企業からグローバルでのコミュニケーション戦略に携わることができる方々を

もっとつくっていくことができれば、最終的には、海外における人々からの日本企業や製品・サービスへの興味、理解を

深めていくことができるのではと考えています。

 

そのために、日本企業向けに海外広報セミナーや、企業での社内勉強会などでの情報提供を始めています。

 

なかなか道のりは長いかもしれませんが、グローバル広報という分野の確立と、

それをリードできる人達を、少しずつふやしていきたいと考えています。

 

Mari
http://www.aaltoin.com/