ヘルシンキ SLUSH2015

フィンランドのヘルシンキで開催されたSLUSH 2015に参加してきました。

SLUSH 2015 10984455_10207880201705615_8336132052125306884_n

SLUSHとは、欧州最大級とも言われるスタートアップが集うイベントで、世界中から企業のCEOや、政府関係者、投資家などが集い、各ステージで様々なトークセッションや、ピッチが繰り広げられます。

2008年に設立されて以来、年々規模拡大しつつあるこのイベント。
7回目を迎える今回は、11月11日~12日の2日間に渡って開催され、世界100カ国から15,000人、1,700のスタートアップ企業、800のベンチャーキャピタル、630人のジャーナリスト達が集う(公式発表より)イベントにまでなり、存在感を増しています。

ステージのセッションでは、スタートアップはもちろん、政府関係者なども集まって、それぞれのテーマについて議論を展開していました。

1日目はオープニングのすぐ後に、Skypeの開発者として知られ、現在は投資家として活動しているスウェーデン出身のNiklas Zennström(ニクラス・ゼンストローム)が登場し、彼自身の経験もふまえ、スタートアップに事業展開の考え方、起業家にとっての課題などを語り、多くの人が注目するセッションが繰り広げられました。

その他セッションでも、スタートアップは、いかに欧州の有能な人材と一緒にビジネスを成長させられるか、アメリカ、中国、南米、日本などの世界のマーケットを獲りにいくビジネスが展開できるか、海外の投資家から資金の調達を視野に入れてグローバルでスケールさせるビジネスを展開できるかなど、様々な立場から意見が飛び交っていました。

最も興味深かったのは、Smart trafficに関するセッションで、UKの政府関係者、Uberなどのスタートアップ、プラットフォーム側の立場などのブレーンが一同に集まり、未来の都市と交通のありかたをともに考えるセッションでした。

多くのスタートアップが社会の課題に着目し、それを解決するサービスを開発し、提供しようとする中で、各国の規制にぶち当たったり、サービス側だけでできることの限界を感じるなど、最終的に、政府やプラットフォームとの協働が必要になってくることが多くあります。

それぞれの立場の意見はありながらも、議論のテーブルについたメンバーが、ただ誰かへの批判、それぞれのサービスの紹介で終わるのではなく、よりよい未来のための議論を繰り広げ、『未来に向けてそれぞれができることを共有し、一緒に次の行動に移していく』という共通の意識で臨んでおり、聴衆にとっても意義深いセッションでした。

会場には様々な国から起業家が来場しており、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、アメリカ、イギリス、フランス、ラトビア、イスラエル、中国、シンガポールなど様々な場所で事業を興しているCEO、Founder達と出会い、意見交換の機会を持つことができました。女性経営者も多く出会いました。

彼ら、彼女らに共通していることは、事業を興すことを考えたDay1から『グローバルでどのようなプレゼンスを持っていきたいか』というビジョンと『その事業を通して、世界をどう変えたいのか』という強い想いを持っていること。

SLUSH2015は、私にとって、彼らの課題意識の鋭さ、課題解決に対して最後まで諦めない覚悟、世界の人を巻き込んでいくビジョンの力を目の当たりにする機会となり、今後欧州で事業を展開していくにあたって、良い刺激と緊張感、そして心強い仲間を持つ機会になりました。

今年は見ることができませんでしたが、SLUSH Helsinkiのステージに、日本の起業家が登壇して、世界の政府関係者、起業家、事業家と議論を繰り広げることがあればとも思います。

他の国の様々な起業家達との会話で「この中の誰が実力をつけて、一番最初にSLUSHに登壇できるか?」と話していましたが、彼ら、彼女らに負けないように実力をつけて成長していきたいと考えています。

Kiitos,
Mari, Aalto International
http://aaltoin.com/

SLUSH 2015 の様子(Official)

イタリアと日本の間に

イタリアでは、ミラノ、フィレンツェ、レッジョ・エミリアに訪問し、現地のメンバーと会い、デジタルマーケティング、クリエイティブのパートナーと会議の機会を持ちました。

Italy meeting
イタリア・フィレンツェには、Aaltoメンバーの特派員として、京都オフィスで勤務を経て現地に赴いたメンバーIvano(イヴァノ)が活動しており、これまでもイタリアにおいては、コミュニケーション戦略立案からプロジェクト実施まで、数件のプロジェクトで、結果を出してきました。

私自身、今回、改めて現地を訪問し、メンバーやパートナーと話す機会を持ち、イタリア⇄日本の間で様々な国際コミュニケーションの分野で大きな機会があることを感じました。

一緒に仕事をしているイタリアのコミュニケーションに関わる人々には、職人気質というべきなのか、ひとつひとつのアウトプットに対してのこだわりを感じます。

ひとつのクリエイティブ、ひとつのコミュニケーションにおいても、
『他にはないユニークさと美しさ』を追求する姿勢を持つこと。

彼らと仕事をする中で学ばせてもらった大きなことです。

一緒にイタリアと日本の間で新しいコミュニケーションを創っていこう、と同じ想いで、仕事を創り出すパートナーに出会えたことを嬉しく思います。

イタリアには、自動車関係などのメーカー、インフルエンサーも存在しながら、
よくよく話をしてみると、言語の壁もあり、イタリアのインフルエンサーには、日系企業側からのコミュニケーションがないのが事実です。

Aaltoでは、欧州PRの一環として、イタリアにおけるコミュニケーション、インフルエンサーリレーション、イタリアのクリエイティブ、デジタルマーケティングパートナーとの協働プロジェクトも、今後展開していきます。

Florence
Ciao,
Mari@Aalto International
http://aaltoin.com/

 

ドイツオフィス設立

ドイツデュッセルドルフにて、
Aalto International Germany GmbHの設立手続きを進めてきました。
オフィスはデュッセルドルフのケーニヒスアレーという並木道で知られる場所に決めました。

Germany Office Germany Office room

Aalto International Germany GmbHは、今後欧州における日本のBtoB企業のプレゼンス拡大に貢献するための重要拠点として位置付け、これまで実施してきた英語圏での活動に加えて、ドイツ語圏でのインフルエンサーリレーション活動、コンテンツ戦略を強化します。

初期体制としては、ドイツ人メンバー6名(デュッセルドルフ担当2名、ミュンヘン担当2名、ケルン担当1名、日本勤務1名)で開始します。

ドイツは、これまでに自動車関係の展示会や、環境関係の国際学会などで訪れるなど、以前から個人的にも興味があり、親しみのある国でした。

特に、ノルトライン=ヴェストファーレン州(NRW)は、インダストリー4.0などで注目していた地域です。そのNRW州のデュッセルドルフにオフィスを構えることができ、6名のメンバーに恵まれ、とても良いスタートを切ることができました。

これまでも、多くの日本企業からドイツにおけるプレゼンスを強化したいという声を多くいただいており、Aaltoとして、日本(京都)とドイツを繋ぎながら、双方の発展に大きく貢献していきたいと考えています。

Düsseldorf

Danke,
Mari @Aalto International
http://aaltoin.com/