2015年のAaltoとともに

2015年を振り返ると、様々な変化がありました。

1年の終わりを迎えようとする12月。
来年の事業計画を見直しつつ、2015年はとても良い1年だったと心から思っています。

思えば、本当にたくさんのことを、お客様、チーム、顧問の先生、パートナーの方々、士業の先生、共同経営者から学ばせていただいた1年でした。

2015年のスタートは、京都で起業家大賞(優秀賞)をいただいたことから始まり、緊張のスタート。

2期目を迎えた春は、事業計画と組織の見直し、ビジョンの再確認を徹底しました。経営者として自分に足りなかったことに向き合う日々でした。

夏頃までには、メンバーが徐々に増えてきて、オフィスを移転しました。
多様なチームで働くことの楽しさを感じ、新しい発見にあふれた毎日。

社内にノルウェー出身のクリエイティブディレクターを迎え、向かうべき方向に沿って、Aalto自身のブランドを再定義しました。

秋になると、来年以降の経営計画に、グローバルPR戦略を中・長期経営戦略に位置づけ始める企業が増え始め、企業経営者の方、事業部長の方々と握手をさせていただく機会が増え、同時に、海外出張をし、その計画の実現のために動きました。

改めて、COO2名、コンサルタントメンバーを増やし、顧問の先生を迎え、ヨーロッパでの今後の活動の拡大のために、ドイツ拠点を設立しました。

寒い季節になってからは、経営者と最終決断のお話を進めることが多くなり、翌年以降の長期計画がいよいよ年明けから始まろうとしています。

12月は、毎日メンバーの成長を肌で感じ、感激する日々。
メンバーが立派に成長していくことが、私自身の大きな楽しみにもなりました。
理系メンバーも増えて、一層良いチームができてきました。

企業と世界の架け橋になる。
とはいえ、自分の力なんて、結局ちっぽけで、ひとりでは何もできないもので。

目標を持って前を向いて、成長していくメンバーのおかげで今があり、
このチームなら各プロジェクトを通して『その先の世界』を見ることができる、と信じています。

振り返れば、私にとっては、本当にAaltoとともにあった1年で、同時に、これほど素晴らしい人々に恵まれた年はなかっただろうと思える年でした。

常に、Aaltoという変化を起こし続ける存在としての価値を持ち、
同時に、自ら向かうべき方向に向かって、変化に挑戦し続けるチームでありたいと思っています。

みなさんの期待に応えられるよう、Aaltoとともに来年も走りたいと思います。

Wishing you a peaceful Christmas and all the best for the New Year. Sincere thanks for the confidence you have placed in Aalto in 2015.

Mari
http://aaltoin.com/

 

 

アールトインターナショナルってどんな会社?

写真 2

 

こんにちは。すっかり秋の気候になってきました。

Aalto International もひとつの節目を迎えましたので、改めてどんな会社なんですか?という質問にお答えしたいと思います。

 

—Aalto Internationalという会社名は、どこからきたのですか?

Aaltoはフィンランド語で『波』を意味します。

私は、この会社を設立する際に『新しい波を起こし、その波を拡げていく』ことをミッションに決めて、この言葉を選びました。

アールトと聞いて、Alvar Aalto(アルヴァ・アールト)という20世紀を代表する北欧の建築家を思い出す方も多いでしょう。

あるいは、フィンランドにあるイノベーションの促進を目指して設立されたAalto Universityでしょうか。

私自身、フィンランド、ノルウェー、スウェーデンなど、北欧地域でのネットワークや思い入れを持っていたこともあり、北欧の言葉から会社名を選びました。

 

—どんな人が働いているのですか?

サポートメンバーも含め、全員で10名です。
日本人4名、その他の国の出身メンバーが3名です。ドイツ、北米のバックグラウンドを持つメンバーが多くを占めます。(2017年10月更新)

また、私達のグローバルでのネットワークには、多数の記者、編集者経験者、ライター、デジタルエージェンシー経験者、投資家、リサーチャー、オピニオンリーダーがいます。
案件ごとにチーム体制を組んで取り組んでいます。

Aaltoのネットワークでは、現時点では主要19ヶ国と、主要11言語をカバーしています。

—なぜシンガポールで創業、そして、日本拠点はなぜ京都なのですか?

シンガポールで創業したのは、まず、自分が当時シンガポールで働いていたからです。

日本法人を京都に置いたのは、代表自身が京都で大学時代を過ごし、好きな土地だったことがきっかけです。当時、様々な京都のB2B企業の経営者の方と出会い、いつか京都で挑戦したいと考えていたこともありました。

また、私達のようなコミュニケーションに携わる『人』が中心となる仕事では、人自身の感性、哲学、姿勢が大事だと考えていることもあります。

京都は街自体や企業文化にその要素が強く、Aaltoのメンバー自身が大きな刺激を受けることができる貴重な場所です。

様々な文化背景を持ったメンバーが本物の素晴らしい考え方にふれ、高い感性を養っていくために、京都を重要な土地として考えています。

海外や東京など、遠方からクライアントやパートナーが京都まで足を運んでくださったときには、選び抜いた抹茶や、茶菓子、茶碗を用意して、忘れがちな季節感や、京都ならではの町家の雰囲気を味わっていただいています。

 

—なぜそのような多国籍な人達が集まったのですか?

心から一緒に働きたいと思った人に、ビジョンを話してきました。その結果、参画してくれた仲間。自然に輪が広がっていっています。ありがたい話です。京都大学という共通点で繋がったメンバーも多くいます。

 

—Aalto Internationalは、他の会社とどう違うのですか

Global Business Architectというコンセプトを持っています。
企業のグローバルビジネス戦略に欠かせない多国籍なチームで企業のパートナーとして活動します。

ビジネスを成長させる発想から、PR、広告、Webなどの型にはまらない発想を持って、
コミュニケーション戦略を考え、取り組んでいます。

日本企業本社のグローバルPR戦略構築においては、マネジメントと戦略を作り上げたり、新しいグローバル広報部の組織構築からノウハウを共有しながら、企業に週に数回常駐する形などで実行しています。

 

—どのようなクライアントとのプロジェクトを扱っているのですか?

企業のグローバルコミュニケーション案件、特に、B2B企業のグローバルブランディング戦略がメインです。グローバルでいかに信頼されるビジネスパートナーとしてのプレゼンスを創っていくかというテーマに取り組んでいます。

未来を創るテクノロジー関係のプロジェクトが多く、分野としては、EV、モビリティ分野、エネルギー、環境分野などが大多数を占めます。

具体的な活動としては、ブランディング戦略、海外メディアリレーション、インフルエンサーリレーション、ソーシャルメディア、グローバルWebサイトなどの取り組みです。

Webを通してコミュニケーションをとれるになったこともあり、数ヶ国に広がるステークホルダーに対して、コミュニケーションの必要性を感じていらっしゃる企業様のニーズに応えています。

 

グローバル向けコンテンツ戦略を担当することもあり、

コンテンツの企画の視点としては、

・海外記者・メディア、インフルエンサーの視点

・海外の各地ステークホルダーの視点(BtoB顧客、BtoC顧客、パートナー、投資家、業界・地域インフルエンサー等)

・数ヶ国を横断したグローバル視点での情報流通構造+ローカル文脈視点

を重要視しています。

現地のPR会社を使う企業はありますが、Aaltoのように日本の本社に寄り添って組織を育てながら、Aalto本体でグローバルPRを実施できる企業は少ないため、ご相談をいただくことが多いです。

また、コンテンツをつくるだけではなく、ステークホルダーの人々にコンテンツを提供したり、呼び込むための各ターゲット・地域に合わせたチャネル設計と、評価・分析するツールを持っています。

そのひとつとして、Mynewsdeskの導入支援もしています。

海外企業は、ヨーロッパ、北欧、東南アジア企業などで、彼らの日本でのBtoBコミュニケーションや、パートナーシップなどを支援しています。

 

お客様の期待としては、新しいことを型にはまらず考え、実行してほしいということ。

グローバルブランディングにおいて新しい挑戦をするパートナーとしての期待が大きく、Aaltoもお客様も一緒に、新しい覚悟を決めてプロジェクトに取り組みます。

 

—今後、どのような展開を考えていますか?

小さな活動拠点と、ユニークで開拓者精神と多様な視点を持ったメンバーを世界各国に持ちたいと考えています。

現在は、各国と日本とのビジネスパートナーシップの支援、新規事業にも取り組んでいます。

Aalto Internationalは、世界にネットワークを広げ、新しい波を創り、拡げていく世界規模のチームであり続けたいと思います。

(2017年10月情報更新)

 

写真 3写真 2

Mari
http://aaltoin.com