2015年のAaltoとともに

2015年を振り返ると、様々な変化がありました。

1年の終わりを迎えようとする12月。
来年の事業計画を見直しつつ、2015年はとても良い1年だったと心から思っています。

思えば、本当にたくさんのことを、お客様、チーム、顧問の先生、パートナーの方々、士業の先生、共同経営者から学ばせていただいた1年でした。

2015年のスタートは、京都で起業家大賞(優秀賞)をいただいたことから始まり、緊張のスタート。

2期目を迎えた春は、事業計画と組織の見直し、ビジョンの再確認を徹底しました。経営者として自分に足りなかったことに向き合う日々でした。

夏頃までには、メンバーが徐々に増えてきて、オフィスを移転しました。
多様なチームで働くことの楽しさを感じ、新しい発見にあふれた毎日。

社内にノルウェー出身のクリエイティブディレクターを迎え、向かうべき方向に沿って、Aalto自身のブランドを再定義しました。

秋になると、来年以降の経営計画に、グローバルPR戦略を中・長期経営戦略に位置づけ始める企業が増え始め、企業経営者の方、事業部長の方々と握手をさせていただく機会が増え、同時に、海外出張をし、その計画の実現のために動きました。

改めて、COO2名、コンサルタントメンバーを増やし、顧問の先生を迎え、ヨーロッパでの今後の活動の拡大のために、ドイツ拠点を設立しました。

寒い季節になってからは、経営者と最終決断のお話を進めることが多くなり、翌年以降の長期計画がいよいよ年明けから始まろうとしています。

12月は、毎日メンバーの成長を肌で感じ、感激する日々。
メンバーが立派に成長していくことが、私自身の大きな楽しみにもなりました。
理系メンバーも増えて、一層良いチームができてきました。

企業と世界の架け橋になる。
とはいえ、自分の力なんて、結局ちっぽけで、ひとりでは何もできないもので。

目標を持って前を向いて、成長していくメンバーのおかげで今があり、
このチームなら各プロジェクトを通して『その先の世界』を見ることができる、と信じています。

振り返れば、私にとっては、本当にAaltoとともにあった1年で、同時に、これほど素晴らしい人々に恵まれた年はなかっただろうと思える年でした。

常に、Aaltoという変化を起こし続ける存在としての価値を持ち、
同時に、自ら向かうべき方向に向かって、変化に挑戦し続けるチームでありたいと思っています。

みなさんの期待に応えられるよう、Aaltoとともに来年も走りたいと思います。

Wishing you a peaceful Christmas and all the best for the New Year. Sincere thanks for the confidence you have placed in Aalto in 2015.

Mari
http://aaltoin.com/

 

 

ベトナム:アジアものづくりカンファレンス 2015

ベトナム・ホーチミンで開催された「アジアものづくりカンファレンス2015」のため、出張してきました。
日本企業にとって、東南アジアをは製造拠点としての人的リソースのニーズだけではなく、R&D、工場のオートメーション技術、現地国からの部品の調達というBtoB領域において、今後、新しいビジネスが期待されている地域です。
11017068_10207149309473766_8479246623490178740_n
今回のアジアものづくりカンファレンスは、Management Session, R&D session, Factory sessionの3つの主要セッションから構成されていました。
日系企業からは、Panasonic, ROHM, OMRONなど、ベトナムからは、大学の博士や、企業が参加し、これからの取り組みや、技術、考え方を紹介し合うというセッション形式で展開。
イベントでは、ベトナムのメディア、製造業に関わる方々、研究者達の関心の高さから、これからのBtoB分野でのビジネス、コラボレーションへの大きな期待を感じました。
ベトナムの研究者、企業側からは、
・製造工程における改善の取り組み
・オペレーション管理において日本からの学び
・日本企業とのビジネス機会への期待
日系企業からは、
・ベトナム企業からの高品質の部品調達へのニーズ
・今後のビジネスを変えていくUSB Power Deliveryの可能性
・エレクトロニクス技術による各分野の変革(農業分野への採用など)
・工場の安全性を高める技術
などのトピックが挙げられました。
また、今回はHIDA(The Overseas Human Resources and Industry Development Association)が主催していることもあり、様々なR&Dの研究者、技術者の方も来場され、技術の情報交換や関係者と交流ができる機会であったことも、非常に興味深い点でした。
ベトナムのメディアの方々も、これからの技術に強い関心を持っており、日本とベトナム間での新しいコラボレーションへ期待が集まっています。
11760296_10207149309713772_3591003442265196422_n
今回のカンファレンスのように、企業として現地にビジョンや考え方を共有することは、現地にとって非常に鮮明な企業イメージを残すためにも非常に良い機会です。
イベントにおいても、直々に経営層から現地とコラボレーションしたいというメッセージを発信していく、日本で最先端技術開発に取り組む担当者が現地の技術採用者と直接お話をするなど、意見を交流し、次に続けていくアクションが見られました。
11760296_10153532444527375_6675509618817366782_n
Aaltoでは、海外においても、日本企業の事業内容・強みについて、理解を浸透させ、製造・R&Dの選択候補に入っていくための活動を展開しています。そのためのBtoB企業やBtoB事業の海外インフルエンサーへのPRを得意としています。
今後も、様々な地域のインフルエンサーへの情報提供・関係構築・情報交換を持続的に展開していきます。

Why Mynewsdesk?

写真写真 3

先日まで、スウェーデンのストックホルムへ出張していました。

グローバルPRプラットフォームMynewsdeskの本社がストックホルムにあり、
各国の責任者を集めたグローバルミーティングと、各オフィスメンバーを集めたイベントが開催されるということで、日本の責任者としてストックホルムへ向かいました。

私自身、Mynewsdeskと出会って強くインスパイアされて、Mynewsdesk Japanを設立し、今に至ります。

『どうしてそんなにMynewsdeskに情熱を持っているのですか?』と聞かれることもあり、私がMynewsdeskと働く理由について、この機会に書き綴ってみたいと思います。

 

コミュニケーション分野のプロフェッショナルの集まりであること

写真 1

私がPRやデジタルマーケティングのお仕事を始めた頃には既に、PR、広告、マーケティングの領域は、大きな変動期であると言われており、『果たして本当に今までのやり方でいいのか?』と、疑問を持つことも多々ありました。

コミュニケーションの分野が、大きな変化の渦にあるなか、Mynewsdeskの人々は、最先端の開拓者集団であることが、私がMynewsdeskに対して一番魅力を感じるところです。

素晴らしいプロフェッショナルが集まった集団が、既存の発想だけにとらわれることなく、サービス、プロダクト両面において、挑戦し続けています。

Mynewsdeskの人々は、世界中の最先端のコミュニケーションに携わる人々や、メディアやジャーナリストとのネットワークを持っており、質の高い情報や知見を把握しています。

世界中の各地域のメンバーと、最先端の情報を共有し、ディスカッションをする機会が頻繁に持てることも、面白いことのひとつです。

Mynewsdeskを活用いただいているデジタルマーケティングや広報担当者などの顧客の方々に対して、世界で起こりつつある変化について知っていただくことはとても大事です。

そして、変化に対して、プロダクト自体のアップデートや、サービスの充実にも力を入れています。

大きな変化の中、未来を創る開拓者の一員であること。
わくわくして働くことができる、大きな理由です。

コミュニケーションを大事にし、人や仕事に対するリスペクト心が強い企業文化

10593022_10204683578792040_1655971381243794990_n

とにかく、働いている人達のコミュニケーションに対する資質や姿勢が素晴らしい。

コミュニケーション分野の精鋭が集まっている企業とあって、人を大事にする社内コミュニケーションはきわめて上手。

ソーシャルメディアはもちろん、ニュースルームや、ニュースレター、イベントなどで、グローバルでも社内コミュニケーションが円滑で活気にあふれています。

また、Mynewsdeskでは、新しい挑戦をする顧客や仲間に対して、歓迎し、リスペクトする企業文化があります。

採用の方針も一貫性があり、各分野のスペシャリストでありながら、しっかりと企業文化になじんで仕事に取り組む人達が集まっていることも特徴です。

何より、Mynewsdeskで働く人々自身が、この仕事を心から楽しんでいる事実が、とてもモチベーションの高い企業文化を創っています。
私自身、多くの挑戦と意見ができ、まっすぐに成し遂げていくことができる企業文化に感謝しています。

 

CEOピーターをはじめとする経営陣の哲学が素晴らしい

写真(1)

創業者であるスウェーデン人のCEOピーターは、とても明るく、オープンで、強いビジョンを持ったリーダーです。(写真左)

彼自身、コミュニケーションがとても上手な人で、フラットな人間関係を好み、あらゆるオフィスのメンバーとの対話を大事にしています。

写真のメンバーは経営陣ですが、彼のビジョンに共感して集まった仲間は、皆プロフェッショナルであると同時に、根っからコミュニケーションというテーマへの挑戦に情熱を持っていて、未来を常に見据えている人々です。

初めて経営陣に出会った時、このプラットフォームを知った時から、このサービスは『グローバルにこれからの企業のコミュニケーションを支えていく』という確信を感じました。

Mynewsdeskの信条には、『素晴らしい企業の思いやストーリーは、伝えるべき人々、伝える方法を間違わなければ、きっと伝わり、理解を生むことが出来る』という強い思いがあります。

企業がしっかりと伝えるべき人々、伝える方法を見つけ、チューニングしていく支援をする。それが、Mynewsdeskの根本の考え方です。

この信条こそ、企業経営の立場で広報に取り組んだり、これまで様々な素晴らしいビジネスを展開する企業の広報支援に携わってきた私にとって、心から共感できる哲学なのです。

 

Fireworksではなく、Bonfireを追求している

写真 2

企業のキャンペーンや広告展開では、Fireworks(花火)のような、一発型でアテンションをひく活動があります。

それに対してMynewsdeskは、Bonfire(たき火)のようなサービスです。

一方的な情報発信では人が動かないと言われる時代になり、人々はWebやソーシャルメディアで様々な情報を入手し、比較し、検討し、より賢く判断するようになってきています。(ここでいう人々とは、時に、顧客でもあり、取引先でもあり、インフルエンサーでもあり、メディアでもあります)

このような時代だからこそ、Mynewsdeskは、パブリックリレーションズの原点に立ち返って、『双方向のコミュニケーションを継続的に取り組んでいくこと』が大事であると考えています。

自ら、情熱を持って、Bonfire(たき火)をおこし、継続的に人の理解と支持の輪を広げていくこと。

小さな火をおこせば、徐々に火のまわりにたき火の周りに人々が集まり、人の輪ができ、コミュニケーションが生まれていきます。時間はかかりますが、たき火を絶やさずに育てていくと、次第に人々が集い、さらに人を呼び始めます。

企業もステークホルダ—もあたたかい火を囲んで会話をし、企業は生まれる会話にしっかりと耳を傾け、さらに必要な薪を足して、長く火を絶やさず、その火に集まる人々との絆を強くしていくことが、企業とステークホルダーのあるべき関係性だという考え方です。

Mynewsdeskは、Web上に企業がニュースルームを持つことによって、まず小さなたき火の土台を持つことができるサービスです。

ニュースルームから、ステークホルダーにあわせたニュース素材やブログでの情報提供を通じて、顧客やメディアなどに集まってもらい、ニュースルームを通して反応を知り、彼らと会話をすることによって、より深くエンゲージしていくことで、双方向のコミュニケーションを可能にする仕組みを提供しています。

『コミュニケーションを、もっと楽しく、面白く!』と、挑戦しているMynewsdeskのサービスは、これからの時代だからこそ、ますます面白くなってくると確信しています。

Mynewsdeskの一員であることを心から嬉しく感じるとともに、 日本でもMynewsdeskを活用する企業をしっかりと支援していきたいと思っています。

 

Mari
 http://aaltoin.com

Global communication

今のお仕事を通して、強い意志を持って取り組みたいことがあります。

それは、『日本企業において、グローバルでのコミュニケーション戦略を

リードできる人達をもっとふやしていきたい』ということ。

 

私が携わっている業務はというと、 グローバルでのパブリックリレーションのお仕事で、

具体的には、グローバルPRプラットフォームMynewsdeskの提供のほかに、

ヨーロッパ、アジア、アメリカなど、主に各国Webメディアやソーシャルメディアやブログなどで意見を展開している方々、

特定の業界や分野で影響力を持つ方々、各企業のステークホルダーの方々と、

Web会議などで意見交換や、電話やメールでの情報交換をしたり、案件についてのピッチングなどを行っています。

 

このようなグローバルPRの分野に関心を持ち始めたのは、もう何年に、日本と北欧の国際交流のプロジェクトに携わっていたとき、記者発表やイベントでの海外のジャーナリスト達との出会いがきっかけでしたが、

それから様々なきっかけを通して、少しずつこの分野について取り組んできました。

 

最近は、日本企業のビジネスの拡大に伴って、日本を含めて各国を想定したグローバルでのコミュニケーションの取り組み、

グローバルでの広報、パブリックリレーションズの必要性を感じる企業の方々より、お話をいただくことが多くなりました。

 

内容は、グローバルでのブランディング、キャンペーンから、コーポレートコミュニケーションの取り組み、事業部単位の案件の海外広報まで

多岐におよびますが、ご相談の多くは、企業としてグローバルでのコミュニケーション戦略に取り組む必要を感じているものの、

まず、知っている・できる人が居ない。

何から、どこの国から始めればいいか分からない。

各個別のジャーナリストとの関係構築まで手が回らない。

そもそも、現地支社の担当者と本社の連携がとれていない。

といった課題を感じていらっしゃるケースです。

 

そのような企業様のご相談に対して、私達が取り組んでいることは、

まず担当者の方への海外メディアに関する情報提供、お客様の企業内の理解と体制構築、海外支社担当者との連携、

企業としてグローバル広報のノウハウを蓄積していく仕組みづくりなど、グローバル広報に取り組むための体制構築のお手伝いからはじめるということです。

 

しっかりと社内でグローバル広報に取り組む体制を構築し、様々な業務で協働することを通して、自社にノウハウを蓄積してもらい、

いずれは、社内でグローバル広報に積極的に取り組んでいくことができるように、プロジェクトの設計をします。

 

冒頭に述べたように、日本企業からグローバルでのコミュニケーション戦略に携わることができる方々を

もっとつくっていくことができれば、最終的には、海外における人々からの日本企業や製品・サービスへの興味、理解を

深めていくことができるのではと考えています。

 

そのために、日本企業向けに海外広報セミナーや、企業での社内勉強会などでの情報提供を始めています。

 

なかなか道のりは長いかもしれませんが、グローバル広報という分野の確立と、

それをリードできる人達を、少しずつふやしていきたいと考えています。

 

Mari
http://www.aaltoin.com/