ヘルシンキ SLUSH2015

フィンランドのヘルシンキで開催されたSLUSH 2015に参加してきました。

SLUSH 2015 10984455_10207880201705615_8336132052125306884_n

SLUSHとは、欧州最大級とも言われるスタートアップが集うイベントで、世界中から企業のCEOや、政府関係者、投資家などが集い、各ステージで様々なトークセッションや、ピッチが繰り広げられます。

2008年に設立されて以来、年々規模拡大しつつあるこのイベント。
7回目を迎える今回は、11月11日~12日の2日間に渡って開催され、世界100カ国から15,000人、1,700のスタートアップ企業、800のベンチャーキャピタル、630人のジャーナリスト達が集う(公式発表より)イベントにまでなり、存在感を増しています。

ステージのセッションでは、スタートアップはもちろん、政府関係者なども集まって、それぞれのテーマについて議論を展開していました。

1日目はオープニングのすぐ後に、Skypeの開発者として知られ、現在は投資家として活動しているスウェーデン出身のNiklas Zennström(ニクラス・ゼンストローム)が登場し、彼自身の経験もふまえ、スタートアップに事業展開の考え方、起業家にとっての課題などを語り、多くの人が注目するセッションが繰り広げられました。

その他セッションでも、スタートアップは、いかに欧州の有能な人材と一緒にビジネスを成長させられるか、アメリカ、中国、南米、日本などの世界のマーケットを獲りにいくビジネスが展開できるか、海外の投資家から資金の調達を視野に入れてグローバルでスケールさせるビジネスを展開できるかなど、様々な立場から意見が飛び交っていました。

最も興味深かったのは、Smart trafficに関するセッションで、UKの政府関係者、Uberなどのスタートアップ、プラットフォーム側の立場などのブレーンが一同に集まり、未来の都市と交通のありかたをともに考えるセッションでした。

多くのスタートアップが社会の課題に着目し、それを解決するサービスを開発し、提供しようとする中で、各国の規制にぶち当たったり、サービス側だけでできることの限界を感じるなど、最終的に、政府やプラットフォームとの協働が必要になってくることが多くあります。

それぞれの立場の意見はありながらも、議論のテーブルについたメンバーが、ただ誰かへの批判、それぞれのサービスの紹介で終わるのではなく、よりよい未来のための議論を繰り広げ、『未来に向けてそれぞれができることを共有し、一緒に次の行動に移していく』という共通の意識で臨んでおり、聴衆にとっても意義深いセッションでした。

会場には様々な国から起業家が来場しており、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、アメリカ、イギリス、フランス、ラトビア、イスラエル、中国、シンガポールなど様々な場所で事業を興しているCEO、Founder達と出会い、意見交換の機会を持つことができました。女性経営者も多く出会いました。

彼ら、彼女らに共通していることは、事業を興すことを考えたDay1から『グローバルでどのようなプレゼンスを持っていきたいか』というビジョンと『その事業を通して、世界をどう変えたいのか』という強い想いを持っていること。

SLUSH2015は、私にとって、彼らの課題意識の鋭さ、課題解決に対して最後まで諦めない覚悟、世界の人を巻き込んでいくビジョンの力を目の当たりにする機会となり、今後欧州で事業を展開していくにあたって、良い刺激と緊張感、そして心強い仲間を持つ機会になりました。

今年は見ることができませんでしたが、SLUSH Helsinkiのステージに、日本の起業家が登壇して、世界の政府関係者、起業家、事業家と議論を繰り広げることがあればとも思います。

他の国の様々な起業家達との会話で「この中の誰が実力をつけて、一番最初にSLUSHに登壇できるか?」と話していましたが、彼ら、彼女らに負けないように実力をつけて成長していきたいと考えています。

Kiitos,
Mari, Aalto International
http://aaltoin.com/

SLUSH 2015 の様子(Official)

ドイツオフィス設立

ドイツデュッセルドルフにて、
Aalto International Germany GmbHの設立手続きを進めてきました。
オフィスはデュッセルドルフのケーニヒスアレーという並木道で知られる場所に決めました。

Germany Office Germany Office room

Aalto International Germany GmbHは、今後欧州における日本のBtoB企業のプレゼンス拡大に貢献するための重要拠点として位置付け、これまで実施してきた英語圏での活動に加えて、ドイツ語圏でのインフルエンサーリレーション活動、コンテンツ戦略を強化します。

初期体制としては、ドイツ人メンバー6名(デュッセルドルフ担当2名、ミュンヘン担当2名、ケルン担当1名、日本勤務1名)で開始します。

ドイツは、これまでに自動車関係の展示会や、環境関係の国際学会などで訪れるなど、以前から個人的にも興味があり、親しみのある国でした。

特に、ノルトライン=ヴェストファーレン州(NRW)は、インダストリー4.0などで注目していた地域です。そのNRW州のデュッセルドルフにオフィスを構えることができ、6名のメンバーに恵まれ、とても良いスタートを切ることができました。

これまでも、多くの日本企業からドイツにおけるプレゼンスを強化したいという声を多くいただいており、Aaltoとして、日本(京都)とドイツを繋ぎながら、双方の発展に大きく貢献していきたいと考えています。

Düsseldorf

Danke,
Mari @Aalto International
http://aaltoin.com/

 

ベトナム:アジアものづくりカンファレンス 2015

ベトナム・ホーチミンで開催された「アジアものづくりカンファレンス2015」のため、出張してきました。
日本企業にとって、東南アジアをは製造拠点としての人的リソースのニーズだけではなく、R&D、工場のオートメーション技術、現地国からの部品の調達というBtoB領域において、今後、新しいビジネスが期待されている地域です。
11017068_10207149309473766_8479246623490178740_n
今回のアジアものづくりカンファレンスは、Management Session, R&D session, Factory sessionの3つの主要セッションから構成されていました。
日系企業からは、Panasonic, ROHM, OMRONなど、ベトナムからは、大学の博士や、企業が参加し、これからの取り組みや、技術、考え方を紹介し合うというセッション形式で展開。
イベントでは、ベトナムのメディア、製造業に関わる方々、研究者達の関心の高さから、これからのBtoB分野でのビジネス、コラボレーションへの大きな期待を感じました。
ベトナムの研究者、企業側からは、
・製造工程における改善の取り組み
・オペレーション管理において日本からの学び
・日本企業とのビジネス機会への期待
日系企業からは、
・ベトナム企業からの高品質の部品調達へのニーズ
・今後のビジネスを変えていくUSB Power Deliveryの可能性
・エレクトロニクス技術による各分野の変革(農業分野への採用など)
・工場の安全性を高める技術
などのトピックが挙げられました。
また、今回はHIDA(The Overseas Human Resources and Industry Development Association)が主催していることもあり、様々なR&Dの研究者、技術者の方も来場され、技術の情報交換や関係者と交流ができる機会であったことも、非常に興味深い点でした。
ベトナムのメディアの方々も、これからの技術に強い関心を持っており、日本とベトナム間での新しいコラボレーションへ期待が集まっています。
11760296_10207149309713772_3591003442265196422_n
今回のカンファレンスのように、企業として現地にビジョンや考え方を共有することは、現地にとって非常に鮮明な企業イメージを残すためにも非常に良い機会です。
イベントにおいても、直々に経営層から現地とコラボレーションしたいというメッセージを発信していく、日本で最先端技術開発に取り組む担当者が現地の技術採用者と直接お話をするなど、意見を交流し、次に続けていくアクションが見られました。
11760296_10153532444527375_6675509618817366782_n
Aaltoでは、海外においても、日本企業の事業内容・強みについて、理解を浸透させ、製造・R&Dの選択候補に入っていくための活動を展開しています。そのためのBtoB企業やBtoB事業の海外インフルエンサーへのPRを得意としています。
今後も、様々な地域のインフルエンサーへの情報提供・関係構築・情報交換を持続的に展開していきます。

アールトインターナショナルってどんな会社?

写真 2

 

こんにちは。すっかり秋の気候になってきました。

Aalto International もひとつの節目を迎えましたので、改めてどんな会社なんですか?という質問にお答えしたいと思います。

 

—Aalto Internationalという会社名は、どこからきたのですか?

Aaltoはフィンランド語で『波』を意味します。

私は、この会社を設立する際に『新しい波を起こし、その波を拡げていく』ことをミッションに決めて、この言葉を選びました。

アールトと聞いて、Alvar Aalto(アルヴァ・アールト)という20世紀を代表する北欧の建築家を思い出す方も多いでしょう。

あるいは、フィンランドにあるイノベーションの促進を目指して設立されたAalto Universityでしょうか。

私自身、フィンランド、ノルウェー、スウェーデンなど、北欧地域でのネットワークや思い入れを持っていたこともあり、北欧の言葉から会社名を選びました。

 

—どんな人が働いているのですか?

サポートメンバーも含め、全員で10名です。
日本人4名、その他の国の出身メンバーが3名です。ドイツ、北米のバックグラウンドを持つメンバーが多くを占めます。(2017年10月更新)

また、私達のグローバルでのネットワークには、多数の記者、編集者経験者、ライター、デジタルエージェンシー経験者、投資家、リサーチャー、オピニオンリーダーがいます。
案件ごとにチーム体制を組んで取り組んでいます。

Aaltoのネットワークでは、現時点では主要19ヶ国と、主要11言語をカバーしています。

—なぜシンガポールで創業、そして、日本拠点はなぜ京都なのですか?

シンガポールで創業したのは、まず、自分が当時シンガポールで働いていたからです。

日本法人を京都に置いたのは、代表自身が京都で大学時代を過ごし、好きな土地だったことがきっかけです。当時、様々な京都のB2B企業の経営者の方と出会い、いつか京都で挑戦したいと考えていたこともありました。

また、私達のようなコミュニケーションに携わる『人』が中心となる仕事では、人自身の感性、哲学、姿勢が大事だと考えていることもあります。

京都は街自体や企業文化にその要素が強く、Aaltoのメンバー自身が大きな刺激を受けることができる貴重な場所です。

様々な文化背景を持ったメンバーが本物の素晴らしい考え方にふれ、高い感性を養っていくために、京都を重要な土地として考えています。

海外や東京など、遠方からクライアントやパートナーが京都まで足を運んでくださったときには、選び抜いた抹茶や、茶菓子、茶碗を用意して、忘れがちな季節感や、京都ならではの町家の雰囲気を味わっていただいています。

 

—なぜそのような多国籍な人達が集まったのですか?

心から一緒に働きたいと思った人に、ビジョンを話してきました。その結果、参画してくれた仲間。自然に輪が広がっていっています。ありがたい話です。京都大学という共通点で繋がったメンバーも多くいます。

 

—Aalto Internationalは、他の会社とどう違うのですか

Global Business Architectというコンセプトを持っています。
企業のグローバルビジネス戦略に欠かせない多国籍なチームで企業のパートナーとして活動します。

ビジネスを成長させる発想から、PR、広告、Webなどの型にはまらない発想を持って、
コミュニケーション戦略を考え、取り組んでいます。

日本企業本社のグローバルPR戦略構築においては、マネジメントと戦略を作り上げたり、新しいグローバル広報部の組織構築からノウハウを共有しながら、企業に週に数回常駐する形などで実行しています。

 

—どのようなクライアントとのプロジェクトを扱っているのですか?

企業のグローバルコミュニケーション案件、特に、B2B企業のグローバルブランディング戦略がメインです。グローバルでいかに信頼されるビジネスパートナーとしてのプレゼンスを創っていくかというテーマに取り組んでいます。

未来を創るテクノロジー関係のプロジェクトが多く、分野としては、EV、モビリティ分野、エネルギー、環境分野などが大多数を占めます。

具体的な活動としては、ブランディング戦略、海外メディアリレーション、インフルエンサーリレーション、ソーシャルメディア、グローバルWebサイトなどの取り組みです。

Webを通してコミュニケーションをとれるになったこともあり、数ヶ国に広がるステークホルダーに対して、コミュニケーションの必要性を感じていらっしゃる企業様のニーズに応えています。

 

グローバル向けコンテンツ戦略を担当することもあり、

コンテンツの企画の視点としては、

・海外記者・メディア、インフルエンサーの視点

・海外の各地ステークホルダーの視点(BtoB顧客、BtoC顧客、パートナー、投資家、業界・地域インフルエンサー等)

・数ヶ国を横断したグローバル視点での情報流通構造+ローカル文脈視点

を重要視しています。

現地のPR会社を使う企業はありますが、Aaltoのように日本の本社に寄り添って組織を育てながら、Aalto本体でグローバルPRを実施できる企業は少ないため、ご相談をいただくことが多いです。

また、コンテンツをつくるだけではなく、ステークホルダーの人々にコンテンツを提供したり、呼び込むための各ターゲット・地域に合わせたチャネル設計と、評価・分析するツールを持っています。

そのひとつとして、Mynewsdeskの導入支援もしています。

海外企業は、ヨーロッパ、北欧、東南アジア企業などで、彼らの日本でのBtoBコミュニケーションや、パートナーシップなどを支援しています。

 

お客様の期待としては、新しいことを型にはまらず考え、実行してほしいということ。

グローバルブランディングにおいて新しい挑戦をするパートナーとしての期待が大きく、Aaltoもお客様も一緒に、新しい覚悟を決めてプロジェクトに取り組みます。

 

—今後、どのような展開を考えていますか?

小さな活動拠点と、ユニークで開拓者精神と多様な視点を持ったメンバーを世界各国に持ちたいと考えています。

現在は、各国と日本とのビジネスパートナーシップの支援、新規事業にも取り組んでいます。

Aalto Internationalは、世界にネットワークを広げ、新しい波を創り、拡げていく世界規模のチームであり続けたいと思います。

(2017年10月情報更新)

 

写真 3写真 2

Mari
http://aaltoin.com

 

 

Global communication

今のお仕事を通して、強い意志を持って取り組みたいことがあります。

それは、『日本企業において、グローバルでのコミュニケーション戦略を

リードできる人達をもっとふやしていきたい』ということ。

 

私が携わっている業務はというと、 グローバルでのパブリックリレーションのお仕事で、

具体的には、グローバルPRプラットフォームMynewsdeskの提供のほかに、

ヨーロッパ、アジア、アメリカなど、主に各国Webメディアやソーシャルメディアやブログなどで意見を展開している方々、

特定の業界や分野で影響力を持つ方々、各企業のステークホルダーの方々と、

Web会議などで意見交換や、電話やメールでの情報交換をしたり、案件についてのピッチングなどを行っています。

 

このようなグローバルPRの分野に関心を持ち始めたのは、もう何年に、日本と北欧の国際交流のプロジェクトに携わっていたとき、記者発表やイベントでの海外のジャーナリスト達との出会いがきっかけでしたが、

それから様々なきっかけを通して、少しずつこの分野について取り組んできました。

 

最近は、日本企業のビジネスの拡大に伴って、日本を含めて各国を想定したグローバルでのコミュニケーションの取り組み、

グローバルでの広報、パブリックリレーションズの必要性を感じる企業の方々より、お話をいただくことが多くなりました。

 

内容は、グローバルでのブランディング、キャンペーンから、コーポレートコミュニケーションの取り組み、事業部単位の案件の海外広報まで

多岐におよびますが、ご相談の多くは、企業としてグローバルでのコミュニケーション戦略に取り組む必要を感じているものの、

まず、知っている・できる人が居ない。

何から、どこの国から始めればいいか分からない。

各個別のジャーナリストとの関係構築まで手が回らない。

そもそも、現地支社の担当者と本社の連携がとれていない。

といった課題を感じていらっしゃるケースです。

 

そのような企業様のご相談に対して、私達が取り組んでいることは、

まず担当者の方への海外メディアに関する情報提供、お客様の企業内の理解と体制構築、海外支社担当者との連携、

企業としてグローバル広報のノウハウを蓄積していく仕組みづくりなど、グローバル広報に取り組むための体制構築のお手伝いからはじめるということです。

 

しっかりと社内でグローバル広報に取り組む体制を構築し、様々な業務で協働することを通して、自社にノウハウを蓄積してもらい、

いずれは、社内でグローバル広報に積極的に取り組んでいくことができるように、プロジェクトの設計をします。

 

冒頭に述べたように、日本企業からグローバルでのコミュニケーション戦略に携わることができる方々を

もっとつくっていくことができれば、最終的には、海外における人々からの日本企業や製品・サービスへの興味、理解を

深めていくことができるのではと考えています。

 

そのために、日本企業向けに海外広報セミナーや、企業での社内勉強会などでの情報提供を始めています。

 

なかなか道のりは長いかもしれませんが、グローバル広報という分野の確立と、

それをリードできる人達を、少しずつふやしていきたいと考えています。

 

Mari
http://www.aaltoin.com/