2015年のAaltoとともに

2015年を振り返ると、様々な変化がありました。

1年の終わりを迎えようとする12月。
来年の事業計画を見直しつつ、2015年はとても良い1年だったと心から思っています。

思えば、本当にたくさんのことを、お客様、チーム、顧問の先生、パートナーの方々、士業の先生、共同経営者から学ばせていただいた1年でした。

2015年のスタートは、京都で起業家大賞(優秀賞)をいただいたことから始まり、緊張のスタート。

2期目を迎えた春は、事業計画と組織の見直し、ビジョンの再確認を徹底しました。経営者として自分に足りなかったことに向き合う日々でした。

夏頃までには、メンバーが徐々に増えてきて、オフィスを移転しました。
多様なチームで働くことの楽しさを感じ、新しい発見にあふれた毎日。

社内にノルウェー出身のクリエイティブディレクターを迎え、向かうべき方向に沿って、Aalto自身のブランドを再定義しました。

秋になると、来年以降の経営計画に、グローバルPR戦略を中・長期経営戦略に位置づけ始める企業が増え始め、企業経営者の方、事業部長の方々と握手をさせていただく機会が増え、同時に、海外出張をし、その計画の実現のために動きました。

改めて、COO2名、コンサルタントメンバーを増やし、顧問の先生を迎え、ヨーロッパでの今後の活動の拡大のために、ドイツ拠点を設立しました。

寒い季節になってからは、経営者と最終決断のお話を進めることが多くなり、翌年以降の長期計画がいよいよ年明けから始まろうとしています。

12月は、毎日メンバーの成長を肌で感じ、感激する日々。
メンバーが立派に成長していくことが、私自身の大きな楽しみにもなりました。
理系メンバーも増えて、一層良いチームができてきました。

企業と世界の架け橋になる。
とはいえ、自分の力なんて、結局ちっぽけで、ひとりでは何もできないもので。

目標を持って前を向いて、成長していくメンバーのおかげで今があり、
このチームなら各プロジェクトを通して『その先の世界』を見ることができる、と信じています。

振り返れば、私にとっては、本当にAaltoとともにあった1年で、同時に、これほど素晴らしい人々に恵まれた年はなかっただろうと思える年でした。

常に、Aaltoという変化を起こし続ける存在としての価値を持ち、
同時に、自ら向かうべき方向に向かって、変化に挑戦し続けるチームでありたいと思っています。

みなさんの期待に応えられるよう、Aaltoとともに来年も走りたいと思います。

Wishing you a peaceful Christmas and all the best for the New Year. Sincere thanks for the confidence you have placed in Aalto in 2015.

Mari
http://aaltoin.com/

 

 

その先を見据え続けること

様々な業界の経営者とのお話の中で、
数年、10年、そして、その先を見据え続けることの
大切さを教えていただくことがあります。

あっという間に時代が変わりゆく中で、
毎日、目の前の結果を出し続けなければならないからこそ。

 

今日、
約8年前から、ずっと取り組みたいと思っていたことに対して、
機会をいただき、事が動き出しました。

8年間想って、やっと。

これから、小さな目標を積み重ねて、
今度は、これから10年かけて形にする。

その過程に、環境の変化や、アプローチの修正、
どうしようもないことなど、
様々な壁や課題があるとは想像つきますが、

「でも、必ずその先を見てみたい」
お話をいただいた時に、そう答えました。

その仕事をやり遂げた後の、その先の世界が見たい。

どのプロジェクトでも、そのミッションを実現した先にある
企業の姿、チームの姿、業界のあり方、社会の仕組みの変化を思うと、
どうしてもその先の世界が見たくなります。必ず。

その先の光を見据えて、
まず、着実に目の前の一歩を進めていきたいと思います。

 

Mari
http://aaltoin.com/