イタリアと日本の間に

イタリアでは、ミラノ、フィレンツェ、レッジョ・エミリアに訪問し、現地のメンバーと会い、デジタルマーケティング、クリエイティブのパートナーと会議の機会を持ちました。

Italy meeting
イタリア・フィレンツェには、Aaltoメンバーの特派員として、京都オフィスで勤務を経て現地に赴いたメンバーIvano(イヴァノ)が活動しており、これまでもイタリアにおいては、コミュニケーション戦略立案からプロジェクト実施まで、数件のプロジェクトで、結果を出してきました。

私自身、今回、改めて現地を訪問し、メンバーやパートナーと話す機会を持ち、イタリア⇄日本の間で様々な国際コミュニケーションの分野で大きな機会があることを感じました。

一緒に仕事をしているイタリアのコミュニケーションに関わる人々には、職人気質というべきなのか、ひとつひとつのアウトプットに対してのこだわりを感じます。

ひとつのクリエイティブ、ひとつのコミュニケーションにおいても、
『他にはないユニークさと美しさ』を追求する姿勢を持つこと。

彼らと仕事をする中で学ばせてもらった大きなことです。

一緒にイタリアと日本の間で新しいコミュニケーションを創っていこう、と同じ想いで、仕事を創り出すパートナーに出会えたことを嬉しく思います。

イタリアには、自動車関係などのメーカー、インフルエンサーも存在しながら、
よくよく話をしてみると、言語の壁もあり、イタリアのインフルエンサーには、日系企業側からのコミュニケーションがないのが事実です。

Aaltoでは、欧州PRの一環として、イタリアにおけるコミュニケーション、インフルエンサーリレーション、イタリアのクリエイティブ、デジタルマーケティングパートナーとの協働プロジェクトも、今後展開していきます。

Florence
Ciao,
Mari@Aalto International
http://aaltoin.com/

 

ドイツオフィス設立

ドイツデュッセルドルフにて、
Aalto International Germany GmbHの設立手続きを進めてきました。
オフィスはデュッセルドルフのケーニヒスアレーという並木道で知られる場所に決めました。

Germany Office Germany Office room

Aalto International Germany GmbHは、今後欧州における日本のBtoB企業のプレゼンス拡大に貢献するための重要拠点として位置付け、これまで実施してきた英語圏での活動に加えて、ドイツ語圏でのインフルエンサーリレーション活動、コンテンツ戦略を強化します。

初期体制としては、ドイツ人メンバー6名(デュッセルドルフ担当2名、ミュンヘン担当2名、ケルン担当1名、日本勤務1名)で開始します。

ドイツは、これまでに自動車関係の展示会や、環境関係の国際学会などで訪れるなど、以前から個人的にも興味があり、親しみのある国でした。

特に、ノルトライン=ヴェストファーレン州(NRW)は、インダストリー4.0などで注目していた地域です。そのNRW州のデュッセルドルフにオフィスを構えることができ、6名のメンバーに恵まれ、とても良いスタートを切ることができました。

これまでも、多くの日本企業からドイツにおけるプレゼンスを強化したいという声を多くいただいており、Aaltoとして、日本(京都)とドイツを繋ぎながら、双方の発展に大きく貢献していきたいと考えています。

Düsseldorf

Danke,
Mari @Aalto International
http://aaltoin.com/