On board

週末に、広告・デジタルマーケティング・Web業界の方々総勢53名と一緒に、

四国合宿に行く機会をいただきました。

初めて会う方々がほとんどでしたが、この業界を牽引し、大変ご活躍されている方々ばかりで、

様々なお話をいただく貴重な2日間となりました。

 

なかでも、メインイベントである大歩危小歩危でのラフティング(今回は小歩危)は、

想像以上に楽しく、忘れられない思い出となりました。

ほぼ初めて出会ったメンバー6名でボートに乗って、川を下っていくのですが、

とんでもない急流スポットが多々出現。自然のアトラクションなので、容赦なし。

 

急流に突っ込んでいき、大きく揺られるボートでは、

投げ出されるメンバーもいれば、自ら落ちていくメンバーも居ます。

それでも、インストラクターのかけ声、

「前へ!前へ!前へ!」

という声に応えて、みんなで「前へ!前へ!」と声とパドルを合わせて、

ボートを濃いでいきます。
川の急流は、自然にできているもので、

私達にもコントロールできるはずもなく、

しっかりと漕がなければ流されて、一歩間違うと恐ろしい場所も多くあります。

漕ぐためのパドルは、流れの強さに巻き込まれ、急流の中、漕ぎ続けるのはとても難しい。

 

それでも、前へ。前へ。

急流に巻き込まれても、

岩にぶつかって船が大きく傾いても、

前へ。前へ。

 

みんな、何度もボートから落ちては、

メンバーで協力して、ボートの上に揚げて、

そして、また、進むのです。

 

私の乗っていたボートは、急流で大きく転覆してしまいましたが、

最後までみんなで『同じボートに乗って』急流を乗り越えることができました。

 

今回のラフティングを終えてからも、

みんなの「前へ!前へ!」という一体感のある声と、

急流を乗り越えた時の、パドルを天に重ねて喜びを共有したことが忘れられません。

 

最後の急流をこえた全員の達成感は、

ラフティング後の写真に、満面の笑顔として表れていました。

 

もしかすると、仕事や人生も、同じボートに乗るメンバーと、

どんな厳しい状況でも、諦めずに『前へ!前へ!』と

力を合わせて進んでいくことが大切なのかもしれません。

 

とても貴重な経験ができた2日間でした。

このような機会に招待してくださった主催者の方々、

2日間で出会うことができた方々、

そして、同じボートに乗って最後まで助け合って乗り切ったメンバーの皆様、

本当にありがとうございました!

 

ラフティングの精神を胸に、

今日も前を向いて取り組みます。

 

Mari
http://www.aaltoin.com/